研究業績

プレプリント

  1. K. Tsuchiya, On the descriptions of $\mathbb{Z} / p^n \mathbb{Z}$-torsors by the Kummer-Artin-Schreier-Witt theory, Preprint series, CHUO MATH NO 51, 2003. 論文

学術論文(査読あり)

  1. K. Tsuchiya, C. Ogawa, Y. Nogami and S. Uehara, Linear complexity of geometric sequences defined by cyclotomic classes and balanced binary sequences constructed by the geometric sequences, IEICE Trans. Fundamentals, Vol E101-A, No. 12, pp. 2382-2391, 2018. IEICE Trans.
  2. K. Tsuchiya, Y. Nogami and S. Uehara, Interleaved sequences of geometric sequences binarized with Legendre symbol of two types, IEICE Trans. Fundamentals, Vol E100-A, No. 12, pp. 2720-2727, 2017. IEICE Trans.
  3. K. Tsuchiya and Y. Nogami, Long period sequences generated by the logistic map over finite fields with control parameter four, IEICE Trans. Fundamentals, Vol E100-A, No. 9, pp. 1816-1824, 2017. IEICE Trans.
  4. Y. Nogami, S. Uehara, K. Tsuchiya, N. Begum, H. Ino and R. Morelos-Zaragoza, A multi-value sequence generated by power residue symbol and trace function over odd characteristic field, IEICE Trans. Fundamentals, Vol E99-A, No. 12, pp. 2226-2237, 2016. IEICE Trans.
  5. K. Tsuchiya, On the descriptions of $\mathbb{Z} / p^2 \mathbb{Z}$-torsors by the Kummer-Artin-Schreier-Witt theory, Tokyo J. Math., Vol. 26, No. 1, pp. 147-177, 2003. Project Euclid

国際会議(査読あり)

  1. K. Tsuchiya, C. Ogawa, Y. Nogami and S. Uehara,  Linear complexity of generalized NTU sequences, Proc. the 8th International Workshop on Signal Design and its Applications in Communications (IWSDA '17), Sapporo, pp. 74-78, 2017. 講演資料(スライド) 講演資料(印刷用) IEEE Xplore
  2. S. Heguri, Y. Nogami, S. Uehara and K. Tsuchiya, A consideration of linear complexity of pseudorandom binary sequence generated by trace function and Legendre symbol, Proc. the 32nd International Technical Conference on Circuits/Systems, Computers and Communications (ITC-CSCC 2017), Busan, 2017.
  3. C. Ogawa, A. Arshad, Y. Nogami, S. Uehara, K. Tsuchiya and R. Morelos-Zaragoza, Pseudo random binary sequence generated by trace and Legendre symbol with non primitive element in $\mathbb{F}_{p^2}$, Proc. 2016 International Symposium on Nonlinear Theory and Its Applications (NOLTA 2016), pp. 242-244, Yugawara, 2016.
  4. A. Arshad, Y. Nogami, C. Ogawa, H. Ino, S. Uehara, R. Morelos-Zaragoza and K. Tsuchiya, A new approach for generating well balanced pseudo-random signed binary sequence over odd characteristic field, Proc. the International Symposium on Information Theory and its Applications (ISITA 2016), pp. 813-816, Monterey, 2016. IEEE Xplore
  5. H. Ino, Y. Nogami, N. Begum, S. Uehara, R. Morelos-Zaragoza and K. Tsuchiya, Examing the linear complexity of multi-value sequence generated by power residue symbol, Proc. 2nd International Conference on Information Science and Security (ICISS 2015), Seoul, pp. 58-60, 2015. IEEE Xplore
  6. H. Ino, Y. Nogami, N. Begum, S. Uehara, R. Morelos-Zaragoza and K. Tsuchiya, Consideration on crosscorrelation of a kind of trace sequence over finite field (poster), Proc. the 2nd International Workshop on Information and Communication Security (WICS '15), Sapporo, pp. 484-486, 2015. IEEE Xplore
  7. K. Tsuchiya and Y. Nogami, Periods of sequences generated by the logistic map over finite fields with control parameter four, Proc. the 7th International Workshop on Signal Design and its Applications in Communications (IWSDA '15), Bengaluru, pp. 155-159, 2015. 講演資料(スライド) 講演資料(印刷用) IEEE Xplore

学位論文

  1. K. Tsuchiya, Unramified cyclic coverings of schemes over discrete valuation rings, 2004. 論文

論説

  1. 土屋和由, 二種類の型のNTU系列に関するインターリーブ系列, 光電技報 第33号, pp. 18-23, 2017年.
  2. 土屋和由, 有限体上のロジスティック写像による生成系列, 光電技報 第32号, pp. 25-30, 2016年.
  3. 土屋和由, 指定度数の記号を有するための系列長に関する確率分布, 光電技報 第30号, pp. 26-34, 2014年.
  4. 土屋和由, ペアリングフレンドリ超楕円曲線の生成, 光電技報 第26号, pp. 9-14, 2010年.
  5. 土屋和由, 算術的半群と代数曲線, 中央大学 春日代数幾何セミナー, 2005年. 論説
  6. 土屋和由, 楕円曲線上の標準的高さについて, 「暗号理論とそれを支える代数曲線理論」第3回ワークショップ報告集, pp. 47-70, 2002年. 論説
  7. 土屋和由, 有限体上の単純Abel多様体とWeil number, 「暗号理論とそれを支える代数曲線理論」第2回ワークショップ報告集, pp. 51-58, 2001年. 論説

研究集会

  1. 土屋和由, 半 $\ell$ 系列における記号の出現度数の対称性, 第4回有限体理論とその擬似乱数系列生成への応用ワークショップ(FFTPRSWS18), 萩・明倫学舎, 2018年. 予稿 講演資料(スライド) 講演資料(印刷用)
  2. 土屋和由, 一般NTU系列に関するインターリーブ系列, 第3回有限体理論とその擬似乱数系列生成への応用ワークショップ, 旭川市民文化会館, 2017年. 講演資料(スライド) 講演資料(印刷用)
  3. 土屋和由, 野上保之, 上原聡, 二種類の型のNTU系列に関するインターリーブ系列, 第2回有限体理論とその擬似乱数系列生成への応用ワークショップ, 日本文理大学 湯布院研修所, 2016年. 講演資料(スライド) 講演資料(印刷用)
  4. 土屋和由, 野上保之, 制御変数が $4$ である有限体上のロジスティック写像による生成系列の双曲線構造, 有限体理論とその擬似乱数系列生成への応用ワークショップ, 草津温泉 日新館(草津町役場 研修室), 2015年. 講演資料(スライド) 講演資料(印刷用)
  5. K. Tsuchiya, On the descriptions of $\mathbb{Z} / p^2 \mathbb{Z}$-torsors by the Kummer-Artin-Schreier-Witt theory, Workshop on the Arithmetic of Curves and Applications, University of Stellenbosch, 2003.
  6. 土屋和由, CM法を支える数論的性質, 「暗号理論とそれを支える代数曲線理論」第2回ワークショップ, 中央大学, 2001.

学会,研究会

  1. 土屋和由, 野上保之, 上原聡, 一般NTU系列の線形複雑度, 2017年暗号と情報セキュリティシンポジウム(SCIS2017), ロワジールホテル那覇, 2017年. 予稿(注 IEICE) 講演資料(スライド) 講演資料(印刷用)
  2. 平郡聖士, 野上保之, 上原聡, 土屋和由, 同じNTU系列を生成する異なる既約多項式についての考察, 第39回情報理論とその応用シンポジウム(SITA2016), 高山グリーンホテル, 2016年.
  3. 土屋和由, 野上保之, 上原聡, 二種類の型のNTU系列に関するインターリーブ系列, 2016年暗号と情報セキュリティシンポジウム(SCIS2016), ANAクラウンプラザホテル熊本ニュースカイ, 2016年. 予稿(注 IEICE) 講演資料(スライド) 講演資料(印刷用)
  4. 小池将太, 野上保之, 土屋和由, 上原聡, 奇標数体上の多値擬似乱数系列の値の分布について, 第38回情報理論とその応用シンポジウム(SITA2015), 岡山県倉敷市児島 下電ホテル, 2015年.
  5. 小川千晶, 野上保之, 土屋和由, 上原聡, 奇標数体上の非原始多項式を用いた擬似乱数系列の生成, 第38回情報理論とその応用シンポジウム(SITA2015), 岡山県倉敷市児島 下電ホテル, 2015年.
  6. 土屋和由, 野上保之, 制御変数が $4$ である有限体上のロジスティック写像による最大周期系列に対する線形複雑度プロファイル, 日本応用数理学会2015年度年会, 金沢大学, 2015年. 予稿(注 JSIAM) 講演資料(スライド) 講演資料(印刷用)
  7. 野上保之, 井納弘人, 土屋和由, 上原聡, R. Morelos-Zaragoza, A consideration on trace sequence over finite field, 情報理論研究会(IT), 白山菖蒲亭, 信学技報, vol. 115, no. 214, IT2015-38, pp. 25-29, 2015.
  8. 土屋和由, 野上保之, 制御変数が $4$ である有限体上のロジスティック写像による生成系列の周期構成, 2015年暗号と情報セキュリティシンポジウム(SCIS2015), リーガロイヤルホテル小倉, 2015年. 予稿(注 IEICE) 講演資料(スライド) 講演資料(印刷用)
  9. 土屋和由, 野上保之, 有限体上のロジスティック写像による生成系列に対する長周期を保証するための条件, 日本応用数理学会2014年度年会, 政策研究大学院大学, 2014年. 予稿(注 JSIAM) 講演資料(スライド) 講演資料(印刷用)
  10. 土屋和由, 埋め込み次数 $12$ をもつアーベル曲面のパラメータ, 2007年暗号と情報セキュリティシンポジウム(SCIS2007), ハウステンボス・ユトレヒト, 2007年. 予稿 講演資料(スライド)

セミナー

  1. 土屋和由, 有限体上のロジスティック写像による生成系列, 早稲田大学整数論セミナー, 早稲田大学, 2016年. 講演資料(スライド) 講演資料(印刷用)
  2. 土屋和由, 暗号に用いられる代数曲面と一方向性, 中央大学代数曲面暗号セミナー, 中央大学, 2010年. 資料
  3. 土屋和由, 離散付値環上のスキームの不分岐巡回被覆について, 中央大学モジュライセミナー, 中央大学, 2003年. 資料
  4. 土屋和由, ある離散付値環上のスキームの $p^2$ 次不分岐巡回被覆の具体的記述について, 早稲田大学整数論セミナー, 早稲田大学, 2002年.
  • (注 IEICE)本著作物の著作権は一般社団法人電子情報通信学会に帰属します.
  • (注 JSIAM)本著作物の著作権は一般社団法人日本応用数理学会に帰属します.

Copyright (C) 2004-2018 Kazuyoshi Tsuchiya

All Rights Reserved.